po*me's small white garden

海の見える小さなベランダと白オカメのお話

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ローズ、赤ちゃん返りしまちた  

こんばんは


みなさん、こんばんは、ローズでちゅ

もうすぐ産まれて三ヶ月になるオカメインコでちゅ

でも、病気になってちまい、一週間入院、退院したあと、赤ちゃん返りしまちた

うひひ、くちばしに差し餌、ついてまちゅか?


最初はママ、ローズが病気になっちゃった!!って必死で一日五回、きっちり8gの差し餌を一生懸命食べさせて、ローズの命をつなぐことで精一杯だったそうでちゅ




1

あのね、ママ

ローズ、赤ちゃん返りしたんでちゅよ

ローズのこころは乳幼児と同じなんでちゅ



病院に入院中は強制給餌で命をつなぎ止めてもらっていましたが、退院後は素人のポメに強制給餌は危険なので、流動食を赤ちゃんのとき使っていたくちばしスプーンで差し餌することになりました



病院の先生にはあらかじめ、

「必ず赤ちゃん返りをしますよ」

と言われていました。


病院から退院してお家に帰ってきたローズちゃんを目の前にして、なんとか生きながらえさせようと、最初はとにかく必死で一日5回の差し餌をしていました。

病鳥用のパウダーを、薬をとかした水と60度のお湯でといて、60度で湯煎しながら食べさせます。




体重が85gを切ったら即再入院、と言われていました。

入院にあたっては

「家でみとりたい方は入院をさせないでください」

という念書にサインをさせられます。

もう二度と、入院はさせたくない、なんとかなんとか食べてもらって、おうちで元気になってほしい・・・

でも、退院後、迎えた翌朝には体重が86gまで落ちていました

病院では91〜92gで安定していたのに


それでもう、ただただ、祈るような気持ちで、ローズちゃんを励ましながら、ご飯を食べさせ続けました

幸い、ローズちゃん、食欲は旺盛で、その後はモリモリと体重を増やし、8日後の二回目の診察では

「だいぶ筋肉がついてきましたね。」

とおっしゃっていただけるまでになりました




2

ローズ、ママからあったかくて柔らかいご飯を大好きなくちばしスプーンから食べさせてもらって、すっごくしあわせでちゅ

ママ、ママ、ご飯、食べさせてー

ジョージョー



昨日、退院後、三回目の診察を受けてきました。

前回の診察から四日目、差し餌は3回になっていましたが、体重が増えも減りもしない状態が続いていました。

ローズちゃんの身体を確認してもらったところ、下っ腹のぽっこり幼児体型がすこしへこみ、その分、必要な筋肉がちゃんとついているとおっしゃっていただきました。

「まだまだ油断はできませんが、ごくごく順調に回復していますよ」



そして、今日からは、差し餌は朝晩二回になりました。

ただし、一回の差し餌量は8gから10gに増えるので、実際には4g自力で食べられれば大丈夫です。

朝からローズちゃんの体重をはかり、食欲の具合を見て・・・

うんうん、モリモリ10g完食してもまだ拾い食べをしています

これならきっと、大丈夫




飲水制限をしているので、日中一回ほんの少し薬入りのお水を飲ませた時、ちょっと体重を測ってみましたが、どうやら自力でそこそこ食べていそうな感じです



最初はとにかく生きてほしい、それだけで頭はいっぱいでしたが、段々回復してきたローズちゃんを前に、ポメのこころにもようやく余裕が出てきて、ちょっと大きなヒナちゃんが差し餌をねだる姿がほんとうに愛おしく、もう一度ヒナに逆回転して育てているような楽しい気持ちになってきました


今日は体重が増えた!

今日は拾い食べが出来た!

今日は体重測定のとき、キャリーの箱の縁に止まれた!

今日は粟穂のおもちゃで遊べた!

そんなささいな「成長」が大きな喜びに変わっていきました




病鳥であることには間違いないのですが、

「病気」

と必要以上に思い詰めず、もう一度ちいさな赤ちゃんを育てている、と思い始めた頃から、日々のちいさな回復が大きな喜びとなり、病気にしてしまったことで自分を責める気持ちも和らいでいきました。



通常、2〜3ヶ月齢のオカメインコは人間で言えば2〜3歳に相当するそうです。

でも、病気をしてしまうと、どうしても成長が遅くなるものなのだそうです。

一度は一人餌になっても、赤ちゃん返りをしたローズちゃんは乳幼児と同じだそうです。

「ゆっくりと成長を見守りましょう」

先生にはそう優しくおっしゃっていただきました


夜のご飯は先生の指示で夜10時〜11時の間に食べさせます。

あと3時間あまり。

ローズちゃん、お腹がすいたら自分でお皿や床に撒いたご飯を食べて過ごさなくてはなりません。

初めて、一人餌に挑戦した時の緊張と喜びを思い出します


前回はペットショップと近所の病院とと食い違った指示の中で混乱したり、一見書き逃げブロガーさんの見当違いな「アドバイス」で体重が激減したりとギリギリの一人餌練習でしたが(そんな中、もんじろう君の飼い主さんの優しい言葉にはほんとうに救われました)、今回は頼もしい信頼できる先生の明快な基準と指示のもとに、ポメもゆっくりとローズちゃんの様子をみながら、落ち着いて一人餌への道のりをローズちゃんと一緒に歩いています


差し餌2回で体重が3〜4日間安定し続けたら、病院に電話をして、次の指示を頂いて、差し餌一回に挑戦となります。



予定より大きなヒナちゃんをお迎えして、あっという間に一人餌になってしまい、子離れできず寂しかったポメ。

神様が、こっそりプレゼントに、もう一度、ローズちゃんをヒナに戻してくれたのかもしれません。



くちばしに差し餌をくっつけたままの赤ちゃんローズちゃん


ゆっくりゆっくり一人餌の練習を続けていこうね



みてくれてありがとう
ローズの赤いほっぺをぽちっとおちてね
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

banner.gif



スポンサーサイト

category: 白オカメインコ

thread: 小鳥大好き - janre: ペット

tb: 0   cm: 2

コメント

ポメさん、こんにちわ!
ローズちゃんお元気そうでなにより^^
今日もカメラ目線がかわいいでちゅよ!
筋肉も体重も増えてよかったね。なになに、赤ちゃんがえりしてるって?!
ローズちゃんママを喜ばせてあげてるんだよね^^
ママもすごく頑張ってるよね。
ローズちゃんのう◯この状態は改善したのですか?
さし餌がなくなって一人で食べれるようになったら完全復帰かな?
病鳥用のパウダーと言うのがあるんだ〜。
確かなクリニックが近くにあるのは本当に心強いですね。

ローズちゃん病気とサヨナラしたらやんちゃ合戦やるよ by ピリカちゃん

ぴいひょろ #- | URL
2013/11/17 11:16 | edit

ぴいひょろさん、ありがとうございます♪

おかげさまでローズちゃん、順調に回復してきました。
明日は朝の様子を見て、差し餌一回に挑戦の予定です。

カメラ目線が可愛いとぴいひょろさんがほめてくれたよ、とローズちゃんに伝えたところ、モデルになるのもいいでちゅね、とすっかりその気になってしまったようです。
いや、もちろん、かわいいですが、ママが言ってはおしまいですが・・・・お顔立ちは美人とか、ハンサムのカテゴリーに入らない気がするんですが・・・・(^^; 

そっか、ローズちゃん、ママがあんまりローズちゃんが手が離れて寂しそうにしていたから、もう一回赤ちゃんに戻ってくれたのね。
もう二度と、あんな大変なヒナちゃんのお世話なんて、出来ないわ〜、と思っていたけれど、やれば出来てしまうもの。それどころか、可愛くご飯をおねだりするローズちゃんに二度目の子育てを楽しませてもらっています。

小売店の店頭で見かけるペレットを作っているラウディブッシュ社から、病院処方専門のパウダーフードが何種類も、症状別にあるんですって。
ローズちゃんの場合、下痢がひどかったので、消化吸収を向上させ、腸管粘膜にかかる物理的ストレスを最小限に抑えるよう工夫されたパウダーフードが処方されました。

うんちの状態ですが、薬を飲んでいても、まだ軟便、水分過多が続いています。
オカメインコさんの下痢はなかなか治らないものだそうで、長い子だと6ヶ月くらいかかるそうです。
ローズちゃんの場合、すい臓が弱り、消化吸収が出来ず、便にたんぱくと脂質がたくさん出てしまっていたのですが、徐々にそれも少なくなり、消化できるようになってきました。
また、うんちの色が白っぽかったのですが、緑色になってきました。これは、なんとかという(忘れちゃった(^^; )消化酵素(?)が正常に分泌されるようになってきたからだとおっしゃっていたように思います。

ローズちゃん、ひとりで食べられるようになっても、完全復帰まではまだまだかかるようです。普通の鳥かごに戻れるまで、早くても2〜3ヶ月はかかるそう。
初診にかかったのはちょうど三週間前。はやくてもまだあと一ヶ月ちょっとはかかるみたいです。

たしかに、食欲は出てきたのですが、足の力が弱いようで、キャリーのたった7〜8cmの高さのプラスチック部分を乗り越えられないんです。元気な時は一またぎで外に飛び出して床をトットットッと素早く歩き回っていたのですが。例のごとく、水槽の紙の交換中は腕や肩で待っているのですが、少し揺れただけでも、バランスを崩してしまいます。
狭い水槽の中でも「だちて!だちて!!」攻撃もなし。
昨日くらいからほんの少し、水槽に戻そうとした時、ママの腕をよじ登って羽を広げて、外に出たそうにしてくれましたが、外に出たところで、何をするわけでもなく、腕にちょこんととまってじっとしているだけ。まだ、遊ぶ気力はないようです。

ごくごく順調に回復していますが、まだまだ油断は出来ません、と釘を刺されてしまいました。それでも、ほんの少し、手のひらに乗せて写真を数枚撮るくらいは大丈夫かな〜、とくちばしに差し餌を付けたローズちゃんの写真をパシャパシャしました。(ほんとうはこんなものではなくて、顔が差し餌で埋もれるくらいぐちゃぐちゃになりながら食べているんですよ〜)

ピリカ兄貴、ローズと一緒にやんちゃ合戦してあそんでくれるんでちゅか!!!!ローズ、頑張って元気になりまちゅ♪  by ローズちゃん

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/11/17 16:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pome24.blog.fc2.com/tb.php/151-8c023a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

白オカメインコ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りアイテム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。