po*me's small white garden

海の見える小さなベランダと白オカメのお話

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ローズ、元気になって透明なお城にお引っ越ししまちた!  

後ろ姿も気を抜きまちぇん

こんばんは、ローズでちゅ

はぁ〜、鏡を見ながら、後ろ姿もくしくし

鏡付きのお部屋もいいでちゅね


実はローズ、病気用の看護水槽から本物のおうちにお引っ越ししまちた






じゃじゃじゃじゃ〜ん!!!!


パレス ホワイト ローズ


これがローズの新しいお城、パレス ホワイト ローズでちゅ

透明なお城に白い綺麗な止まり木がついていまちゅ

台もかわいいでちょ





ついに、この日が来ました!

夢にまで見た、アクリルケース直接飼育

なぜ、そこまで、思い入れがあるかというと・・・




一人餌になってまずは白い鳥かご、その後HOEI465オカメで過ごさせ、すぐに病気となってしまったローズちゃん。

465ではわずか一日しか過ごすことなく、ヒナ時代を送った水槽を看護水槽として逆戻り。

そして小鳥専門の病院へ行き、即日入院。

その前の病院で「落鳥」宣告を受けていたローズちゃん。

果たしてローズちゃんは生きてお家に帰ってこられるのか、泣きながら、それでも元気に帰ってこられる日を信じて、防寒対策にさがしたアクリルケース。




辿り着いたのはアクリルケースで直接飼育ができるというホームページ。

ハッピーケースさん

即刻その場で電話をかけ、直接飼育のお話を聞くこと一時間あまり。

Skypeのクレジットがきれてしまい、そこでいったんお話は中断となりましたが、もしもクレジットがきれなかったら・・・

何時間、アクリルケースでの直接飼育について、お話を続けたことでしょう。




綺麗な透明のアクリルケースに美しい天然木の止まり木で、お気に入りのご飯を入れるお皿も付けてもらえて・・・。

上に薔薇とリボンでも飾れば優雅な王子様(お姫様?)のお部屋になることでしょう





HOEI465オカメの金網ケージは機能は素晴らしいかもしれないけれど、見た目がわるく、何よりローズちゃんが動く度、金網のキンキン言う音が神経に触って堪え難い思いをしていました。

465にあわせてスチールラックも設置しましたが、白を基調として、猫足白家具で統一した我が家には不似合いな無骨な一角。

ローズちゃんのため、とおもって諦めていましたが・・・。




二ヶ月前、入院中に見つけたアクリル直接飼育!

これなら、わがやのインテリアにもぴったりです


病院の先生に相談したところ、ローズちゃんさえ馴染めれば、アクリル直接飼育は何ら問題ない、とのこと。

あの日からずっと、美しいアクリルケースで楽しく遊ぶ元気なローズちゃんの姿を夢見て、一生懸命看病を続けてきました







水槽


そして、ついに昨日、待ち望んだアクリルケースが届きました!!

直接飼育ができるよう、下には引き出し式の糞切り付トレーがついていますし、上部には蓋の内側に白いルーバーを設置してもらい、夏場は蓋をあけて温度上昇をふせいだり、ルーバーからおもちゃをつり下げることも出来ます。

ヒーターの設置金具、餌入れの設置金具、コンセント穴等大まかなうちあわせをして、あとはプロにお任せでオーダーで作っていただきました。


実はこのケースは、もしもアクリルケース直接飼育に馴染めなかったときに備えて、465を入れられるような工夫もしていただいてあります。

実際、ここまで要望を良く聞き、適宜判断して立派なものを作っていただけるとは思ってもいませんでした。


まずは、看護水槽に入ったローズちゃんをそのままアクリルケースに入れます。

ローズちゃん、そこから興味津々、自分からすすんで水槽からでてアクリルケースの中を眺め回し始めました






そこで、看護水槽を取り出し、止まり木や餌入れを設置して、ローズちゃんをそっとアクリルケースの中へと入れてあげました




ここはどこ?


ここはどこでちゅか???




むむむ?



むむむ???



あ、よっこらしょ!


わるくないでちゅね

あ、よっこらしょっと




ごはんもありまちゅね


見回りでちゅ


ご飯もありまちゅね




おうちをがじがじ


とりあえず、かじってみまちゅ


おうちをがじがじ


うんうん、いいお味



お皿もがじがじ


お皿もがじがじ

これはローズのお皿でちゅ



止まり木もがじがじ


止まり木もがじがじ



ヒーターもがじがじ


ヒーターもがじがじ

ヒーター、異常なし!



あの黒いのが気になる


水槽の中にもあったアレでちゅね!

あの黒いのが気になるのに、ど〜しても届きまちぇん!!




一通り、がじがじして点検して回ったあと、気に入ったのか、心地良さげに上の段に止まって

ローズちゃん!ローズちゃん!

ポピポピ!ポピーヨ!!



とご機嫌そうにさえずっていました

丸一日経った今日はすっかり馴染んだ様子で、ご飯を食べたり、羽繕いをしたり、お歌を歌ったり、二段の棒を飛んで行ったり来たり、楽しそうにはしゃぎ回っています


ああ!ほんとうに!!

夢にまで見た、ローズちゃんの楽しげなアクリルケースの生活が今ここに、目の前にあります

やっと、元気になって、日常を取り戻したローズちゃん。

暖かいアクリルケースの中で元気に楽しく毎日を過ごしてね



ハッピーケースさんのアクリルケース&直接飼育情報はこちらでご覧頂けます



みてくれてありがとう
ローズの赤いほっぺをぽちっとおちてね
にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ
にほんブログ村

banner.gif
スポンサーサイト

category: 白オカメインコ

thread: 小鳥大好き - janre: ペット

tb: 0   cm: 3

コメント

ポメさん、こんばんわ!
わ〜かっこいいなぁパレス ホワイト ローズ!
うんうん、台も素敵〜。
ローズちゃん高級マンションにお引越したのね^^
慣れてくれてよかったですね。
ローズちゃん、歌が歌えるんだって?!
ミッキーマウスのマーチうまく歌えるようになった?^^
「ローズちゃん」も言えるのぉ。スゴイすごい。
ポメさんよかったですね。沢山のご苦労があったけど、
ローズちゃんもポメさんも幸せそう^^

ぴいひょろ #- | URL
2013/12/20 17:02 | edit

MITOさん、こんばんは!!

ローズちゃん、大きくなったでしょう。
病気になったばかりの頃とは別の顔になっています。
可愛いっといっていただいてありがとうございます。照れてしまいます。(なぜ、私が!!!)
本人(鳥)はくちばしに緑の葉っぱを付け、口の周りにはまだ差し餌の名残がこびりついたちょっとひょうきんなお顔になっていますが(^^;
優しい女性にモテてローズちゃん、鏡の前でますますいそいそしてしまいそうです。
でもね、牧野先生にはすぐにキッキッ!とヒステリーを起こすので、「きみ、女の子らしくなってきたね」と言われたばかりです(^^;
さて、ほんとうに、どっちなんでしょうね。

昔はセキセイや文鳥や九官鳥たちと暮らしていましたが、たいした防寒もしなかったですね。
古い戸建て、暖房器具なし、薄い布をかけるだけで暮らしていましたよ。
当時は鳥&観葉植物専用の大きめの部屋があり、人間とはいっしょに生活をしていなかったので、冬場はなんの暖もとれなかったはずです。
それでもセキセイの中にはヒナから育てた子もいて、今思えば、よく冬を乗り切ったなあ、と思います。
九官鳥に至っては、真冬の早朝、外の水道が凍っているのをお湯をかけて溶かして水を出して、その水で水浴びをさせていました。
それでも丈夫でしたね、みんな。

それに比べると、今時のお小鳥さまは人間以上に快適な暮らしをしています(笑)
でもほんとう、一度病気をさせてしまうと、アクリルケースなんて簡単に買えちゃうくらいの出費になりますね。
たまたま赤ちゃん返りをしてスプーンから流動食をいっぱい食べてくれたおかげで、入退院を繰り返すこともなく、ものすごいスピードで回復してくれたので助かりましたが、あれ以上長引いたら、精神的だけでなく、経済的に厳しかったことと思います。
あのあと、保険には入っていませんが、毎月ローズちゃんのために自動引き落としの定期積み立てをはじめましたよ。ローズちゃん専用通帳があるんです。

アクリルケースの話をしたら、鳥に興味のない友人は、美術館の骨董品じゃあるまいし、とあきれかえっていましたが、家族としてお迎えした以上は出来る範囲で健康に快適に、そしてしあわせに暮らしてほしい、と願いますよね。
それぞれみなさん、いろいろな考え、いろいろな事情の中で暮らしているので、何が一番、とは言えませんけれどもね。

ローズちゃんも金網の鳥かごがどうにも馴染めないらしく、掃除のとき毎日HOEI465オカメに一時的に入れているのですが、二ヶ月経った今でも固まってしまいます。
それにくらべると、アクリルケースに慣れるのは早くてほっとしています。

ハッピーケースさんでもやはり、オカメパニックになりやすいこのために、アクリルケースを作られた例がありましたよ。金網に羽を挟んで大変なので、せめてそれだけでも避けてあげたくて、とのことでした。

夏の暑さ対策には天井のふたの内側にルーバーをつけてもらっています。
ふたを外し、ここに凍らせたペットボトルや業務用の保冷剤をいれると快適にすごせるそうです。
あるいは、別の部屋とドアを開け放って、そちらの部屋のエアコンをつけてあげれば、おそらく快適に過ごせるでしょう。
ハッピーケースさんでは今直接飼育に力を入れていて、話し好きの担当者さんがお客さんから仕入れたいろいろな情報を追加で流してくれているので、何とかなるのではないかと思います。

地震は日本に住んでいる以上、避けられない、と思った方がいいかもしれませんね。
ただ、ハッピーケースさんのお話に寄ると、このアクリルケースは20kg以上あるので、大きな地震でも重さでかえって安全だったそうですよ。
ローズちゃんも床置き時代があったのですが、人間の目線よりずっと低いのが嫌でたまらないらしく、ひどく騒ぐので、台の上に乗せています。
リビングの反対の端のダイニングテーブルの椅子からちょうど目線の高さになるので、お互い安心して過ごせるようになりました。
それぞれみんな、鳥も人間も個性があるので、「うちの子」がしあわせな環境を捜していくのも楽しみですね。

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/12/20 18:08 | edit

ぴいひょろさん、こんばんは!!

ローズちゃん、ポメの築40年を越えるマンションを差し置いて、新築マンションにお住まいになられましたよ(笑)
鳥に興味のない友人に巨大アクリルケースの話をしたら、美術館の展示品じゃあるまいし、とあきれられましたが、一回大きな病気をすると、アクリルケースなんて簡単に買えちゃうくらいの出費になってしまうので、しっかりと保温できるこちらのお城に引っ越してもらいました。

ミッキーマウスマーチの件につきましては・・・・
それとな〜くそれっぽい音程で、歌っているような気がします。
教える方も下手な口笛なので、毎回音程が狂っていて、ローズちゃんも困っていることと思いますが、そこは編曲の天才、オカメインコ、なんとか自分なりに落としどころを見つけて気分よく歌っているようです。
自分の名前は何パターンかしゃべり方があります。
日ごとに増えていくので、びっくりです。
一番面白いのは、YouTubeのタケチヨ君の真似をして
「コッコッコッコッ!ローズちゃん!コッコッコッコッ!ローズちゃん!」
と連呼する時でしょうか。いまいち、ノリがおっとりしていて、タケチヨ君のようなカッコいいマーチにはなっていないのです・・・。

苦労を乗り越えた分、絆が深まった気がしているのはママだけかな?
でもやっぱり、なにかちょっとこわいことがあると、キッチンペーパーさんではなく、ママのところにぴったりと張り付くのがかわいいです!!!(って、バシバシ ライバル視してたりして(^^; )

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/12/20 18:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pome24.blog.fc2.com/tb.php/155-fabb43e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

白オカメインコ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りアイテム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。