po*me's small white garden

海の見える小さなベランダと白オカメのお話

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

渾身の一枚!?ベランダで寄植え全体写真のレッスン ビフォーアフター  

講習前


先日つくったツルコケモモちゃんの寄植え(その時の様子と詳細はこちらから)の全体写真。


いつも思うのですが、部分を拡大した写真はそれなりに綺麗にとれているているけれど、全体をとると立体感がなく、味気ない、ただとっただけと言った感じのよくわらない写真になってしまっています。
雰囲気がない写真、ということばがあてはまるでしょうか。



リシマキア寄せ植え

風になびく大人シックなピンクの寄植え(その詳細はこちらから)の時は、苦し紛れに周りを白くぼかしたりして、なんとか雰囲気をだそうと試みました。

それにしても、やはり誤摩化した感がポメの心には残っていたことは否定できません。



そこで、写真歴40年以上、フィルム時代からずっとマニアックに写真を撮り続け、各種コンテスト受賞歴もあり、今でも写真サイトで人気を誇る友人にポメのベランダまで出向いてもらい、このベランダの限られた環境で、ポメのカメラとポメのレンズで、少しでも良い写真を撮れる方法を教えてもらうことに。


試しに一枚、といってカメラをもった先生はいきなり床にごろり。

あっけにとられてみていたポメ。
「あの、構える姿勢がわたしと全然違うんですが・・・」
「どうやってとってる?」
いつものようにたったままポーズをとったポメにまず第一のダメだしが繰り出されました。

「斜め45度の角度だよ」

???斜め45度?なんのこと???

斜め45度上からの撮影は一番寄植えを平坦に見せてしまう角度なのだそう!

そこで、寝転がり、寄植えの高さにカメラの高さを合わせ、先生は写真を撮ってみせてくれたのでした。

さらに、

「椅子を動かしても良い?」

「はい、もちろん結構です」

ダイニングテーブルから椅子を離し、ベランダの被写体となる鉢を置くから手前へとぐっと引き出します。

鉢の周囲を整えながら、

「周りの鉢が映り込んでもいいんだよ。その方がむしろ奥行きが出るからね」

そおなんだあ!一生懸命まわりの鉢をどかして頑張っていたのに・・・

そして、ラティス越しに木漏れ日のように振ってくる光の中に鉢を置くと、今度はダイニングテーブルの下に潜り込み、そこから被写体を狙う先生。



ちなみに、ダイニングテーブルとベランダの位置関係はこんな感じ

LDKからベランダ


つまり、鉢をベランダの縁から室内へと近づけた結果、カメラも必然的に室内の奥へと引っ込む必要があり、椅子をどかし、ダイニングテーブルの下へ潜り込んでの撮影となった訳です。


背景と被写体を離すことで、背景はより大きくボケて、寄植えが立体感を増します。
本当は背景は黒い方が寄植えは引き立ち、良いですが、ポメが白いベランダにこだわったので、黒い背景を作ることは先生も諦め、背景を大きくぼかすことで解決してくれました。

「本当は横に長いベランダを生かして、その距離で撮影できるように今のラティスと直角にもう一枚ラティスを置いて、背景とグンと距離をおいてとるといいんだけどね」

いずれ、エアコンの室外機や給湯器を隠すためにそうする予定でしたので、これは少し前倒ししてでも実行した方が良いかもしれません。

そして最後に。

「一番大切なのは光だよ」

理想は午前10時までの朝の光。
花の色が一番綺麗に出るのだそう。

そして、トップライト。
上から光が当たることで全体に陰影が出て雰囲気のある写真になるのだそう。





以上の点をふまえ、今日自力でもう一度写真を撮ってみました。




講習前

講習前




講習後

講習後




いかがでしょうか。
寄植え全体がが立体感を持ち、ふんわりとした綺麗な陰影がでて、お花が生き生きと見えませんか?





ちなみに、ポメのソフトフォーカスのレンズは中望遠なので狭いベランダではなかなか登場できないのですが、というと


「ソフトフォーカスレンズかしてみて」

室内に引っ込みパチリと一枚。

インパチェンス


おお!!大風で痛んでしまったインパチェンスもソフトフォーカスだと綺麗。
背景のみずいろは空ではなく、海です。


アンゲロニア 先生


素早く木漏れ日を察知しさらに一枚。

「ね!」

そんなに簡単なら、と今日ポメも試したのですが。


ソフトフォーカス アンゲロニア

何かが違います。やはり、40年の勘からくる撮影にはかないません。

さらに、インパチェンスに至っては先生が映したようなソフトフォーカスレンズ特有のにじみによる輝きも、色も出ませんでした。
到底お見せできないのできない写真が100枚くらいパソコンの中に眠っています。 orz
光の捉え方の何がいけなかったのか、あとは自分でいろいろと工夫してみること、といわれていたので、さらに時間を変えたりして、今後挑戦しようと思います。


最後に一枚。
室内に寄植えを取り込んで、鏡をラフ板のように使って正面に光を当てて撮ったソフトフォーカスの一枚。

ソフトフォーカス ツルコケモモ


ツルコケモモちゃんとお気に入りの鉢がさらにソフトにいい味をもった一枚になりました。


今まで、夕方涼しくなってから植栽、撮影ということが多かったのですが、良い写真を撮りたいなら、まずは光を意識することが大切、としみじみ思ったポメなのでした。


ご覧頂きありがとうございます。
お帰りの際には下のかわいいツルコケモモちゃんの実をポチッとお願いします♪
☆⌒(*^-゜)v Thanks!
にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

category: お花

thread: ベランダガーデン - janre: 趣味・実用

コメント

こんにちは。
やはり、教えていただくと同じモノも違うものに見えますね。
カメラはど素人なので(ももコ撮影も現場用の骨董品だし)
全く??ですが、角度などを変えると、やはり違いますね。
私も、骨董品でももコの面白ショットを撮らねば!

コメントありがとうございます。
いい親友がいて、本当にうれしいです♪
彼女の方が病人なんですがね~(^^ゞ

chiru #- | URL
2013/08/05 14:55 | edit

chiruさん、こんにちは♪

先生とは以前から撮影会でご一緒させていただいていたのですが、いいの!好きな物を好きなように撮って何が悪い!といって、教えをこうたことが一度もなかったんです。
もっぱら専属モデルの方に徹していました。
が、やはり、ベランダでの撮影の限界を感じ、とうとう、先生に頭を下げました(爆)
素直じゃないんです。

ももコちゃん、いつもいい表情していますよ〜。
ちなみに、先生は大正時代のレンズを使っています。
本気で骨董品です。
新しい物がいいとも限らないってことですね^ ^

うん、そう。病気なのに、それでもお友達を気づかえる、それが素晴らしいと思いました。
そういうお友達がいるchiruさん、素敵です。

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/08/05 15:35 | edit

初めまして(*^^*)

ポメさん♪コメントありがとうございました(#^.^#)
いつもポメさんのブログ拝見させて頂いてます♪
海が見えるベランダ素敵ですね〜 憧れます☆
そしてベランダもとっても綺麗にされてますね!
うちもポメさんのベランダの様にラティスでイメージUPしてみたいんですよo(^_^)o
これからもベランダ作りの参考にさせてください☆
ブログもガーデニングもド素人ですが、これからもヨロシクお願いします(^O^☆♪
また寄らせて頂きます!

momo #- | URL
2013/08/05 17:35 | edit

momoさん、いらっしゃいませ☆

こんばんは!
ポメのブログをいつもご覧頂き、ありがとうございます。
コメントを頂けてとっても嬉しいです。
うんうん、ラティスを置くだけで、全然雰囲気が変わるので、ぜひ好みのラティスを見つけて設置してみてくださいね。
ちなみに、白いラティスやアイアンのついたラティスは近くのホームセンターではなかったので、楽天で買いました。
ネットのガーデニング用品のお店を眺めるだけでも、いろんなラティスがあって、夢が広がります。

い〜ちばん初期の頃、まだラティスも床タイルもなんにもなかった時の写真もありますので、もしよろしければ、参考にご覧ください。
え〜、こんなに殺風景だったの!って自分でも驚きます。
わたしも今、ガーデニングの勉強をはじめたばかり。
今日はガーデンの歴史と、自分のベランダガーデンの目指すところをもとめ、一日テキストを読み、ベランダを眺め、プランを立てていました。

ポメ #g.kLcBgI | URL
2013/08/05 19:12 | edit

ポメさん、こんばんわ!

カメラの事、とても参考になりました♪
確かに前の画像はなんだか立体感がなく、お花が暗かったようなイメージだったかもしれません。
後から撮影された画像はとても奇麗に撮れてますね♪
お世話係もいつも撮る時は、角度や日光の当たり具合、全体を取った方が奇麗か、一部を強調して訴えたい部分を前へ出すかとか何枚か撮ってから良いものを選別しています。最近は面倒で適当になってきていますが((´∀`*))ヶラヶラ
ただあまりソフトフォーカスなどは使わずに植物がよくわかる画像を使っていますが、時にはフンワリした柔らかいイメージで、優しさや涼しさ、心地良さなど表現出来たら素敵ですね♪勉強になりました。

お世話係 #mQop/nM. | URL
2013/08/06 00:05 | edit

ポメさん、こんばんわ!
ポメさん、いい。講習を受けた後に撮ったツルコケモモさんの大鉢の写真、
すごくいいです。立体感でてますよ^^
写真て偶然じゃなくて、ちゃんと計算されて撮られてるんですね。
少しコツを教えてもらうだけでもかなりいい写真になるのですね。
(あ、最初の写真が悪いて言ってるんじゃないですよ!)
より良くなるって事です。ポメさんの友人の方40年以上もカメラを?
大ベテランだわ。そんな先生が身近に居て心強いですね^^
ポメさんの今日の記事で大分お勉強になりましたよ。ありがとうございます^^
最後の写真もGOOOODです。すごく雰囲気あってポメさんのお部屋のイメージと
ピッタリです。
 ポメさんの断捨離は大成功してるよう。これからも楽しい事沢山みつけて
挑戦してポメさんをもっともっと輝かせて下さいね^^
ぴいひょろも、ほっちゃんの記録をとるためにブログ始めたんですよ。
そこからポメさんや沢山の方と知り合えて嬉しく思っています。
これからもよろしくお願いしますねm(_ _)m

ぴいひょろ #- | URL
2013/08/06 01:12 | edit

お世話係さん、おはようございます♪

もともとこのブログは、自分の植物の成長記録のつもりでした。
なので、最初は携帯写真でした(今も時々使いますが)。
でも、お花が増え、お花とともに目覚め、お花とともに暮らし、お花とともに眠りにつくうち、だんだんと元気が出てきて、また一眼を持とうかな、という気力が湧いてきたところです。

もともと自分のこころを表現する手段として写真芸術をはじめたので、記録のための写真の取り方がよくわからず、とくに引いて全体を撮る時の説明的写真とはどういう物かわかりませんでした。
普段は先生に教えを請うことはしないのですが、やはりキャリアのある先生に技術を学ぶのは大切なことだと思いました。

お世話係さんのおっしゃる通りで、記録、説明の写真にソフトフォーカスレンズやソフトフィルタ、ソフト加工は不向きでしょうね。
わたしのブログは花ブログでありながら、最近は写真ブログ的要素も取り入れたくなってきたので、内的表現の想像活動として、ソフトフォーカスレンズは十分ありだと思っています*^ ^*

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/08/06 08:59 | edit

写真芸術、という意味では、わたしはお花の写真でも夕暮れ時の優しい色合いの写真が好きです。先生には邪道だと怒られそうですが。

でもね、以前電車の中で、偶然、わたしが子どもの頃から敬愛する画家の葉祥明さんと夕暮れ時に隣り合わせに座ったことがあるんです。
そのとき、祥明さんは外の景色を見ながら
「この時間の景色が僕は一番好きなんだ。世界全体が黄色みを帯びてやさしいひかりにつつまれるから」とおっしゃっていました。
もちろん、絵と写真は異なる表現媒体なんですが、祥明さんのその言葉にはわたしも同感で、夕暮れの光だから出せる優しい世界というのもありだと思っています。

ただし、花ブログで、寄植え全体を説明的にかつ綺麗に撮る、ということであれば、やっぱり先生のおっしゃっていることが正しいと思いました。
自分の内的な表現活動としての写真と、他人様に状態を説明するための写真では取り方が違う、ということを実感できたのは貴重な体験でした。

うん、ポメはソフトフォーカス歴はまだとても短いですが、自分自身を表現するのにとてもよいレンズだと思っています。使いこなせればのお話ですが(苦笑)
ちなみにプロフィールに使っている写真は、先生にソフトフォーカスで撮ってもらった物です。

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/08/06 09:12 | edit

初めまして、アヒルのとーさんと申します。
コメント下さり、ありがとうございました。(^ ^)

斜め45度、やってるような気がします。
ファインダー越しではいい感じに撮れたつもりでも
PCでみるとガックリすること多々あります。(^_^;)
光が大事なんですね。
とても勉強になります。

またお邪魔させて頂きますね。
宜しくお願いします。

アヒルのとーさん #- | URL
2013/08/06 10:59 | edit

アヒルのとーさんさん、こんばんは☆

いらっしゃいませ。コメントを頂き、ありがとうございます。
今日改めて、寄植えの写真が美しい本を穴があくほどじ〜っと眺めてみました。
わたしがご指導いただいた先生は「鉢と平行」とおっしゃっていましたが、鉢と平行だと花の向き流れはわかっていい一方で、鉢が強調されてしまうので、少し斜め上から撮るのもいいとプロのカメラマンがおっしゃっていたとのことでした。
実際、本の中の美しい寄植えは、その場の状況に合わせ、鉢と平行に撮ったり、少し斜め上(45度ほどにはあげない方がいいみたいです)から撮っているようでした。

はい、日頃から、先生は「光が大事」とおっしゃられていたのですが、全く理解できていませんでした。

ぜひまた遊びにきてくださいね。
そして、こちらからもまた、遊びにいかせてくださいね。
よろしくお願いいたします。

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/08/06 18:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pome24.blog.fc2.com/tb.php/59-6ce1c7c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

白オカメインコ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りアイテム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。