FC2ブログ

po*me's small white garden

海の見える小さなベランダと白オカメのお話

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

それでも、やっぱり、有機無農薬で育てたい!  

浮かぶ蝶

青いチョウチョさんのお花、クロデンドロム ブルーウィングの病気が発覚、薬(殺菌剤)を散布してから今日で一週間になります。
予定では、今日また、薬を散布する日です。

でも、ポメはやっぱりなんとなく釈然としない日々を過ごしてきました。



8年くらい前になるでしょうか。
初めて自分で薔薇を育て始めました。
真っ赤なハイブリッドティー「ローズオオサカ」でした。

お店の方には

「薔薇を無農薬なんて馬鹿げてる、無理無理」

と軽くあしらわれてしまいましたが、ポメは自分なりにネットでいろいろ調べ、木酢液やニームを使って無農薬でローズオオサカを育て続けました。
虫はもっぱらテデトール(手で取る(^^; )
その後もいろいろな薔薇を育てましたが、すべて無農薬でした。



今のベランダにくる前のお庭では、お庭の管理はポメではなく、植物ヲタク君が取り仕切っていました。
彼は木酢液、竹酢液、ニーム、バッドグアノといった比較的市民権を得ているものだけでなく、覚えているだけでも、EM菌の培養、BH101、コーラン、果ては月桃を育ててエキスを抽出するといった具合でなにやら怪しげな(本人談)ものをいろいろと試し、有機無農薬に孤軍奮闘していました。


そんな植物ヲタク君をそばで見ていたはずのポメ。
応援していたはずのポメ。
信じていたはずのポメ。





昨日も夕方涼しくなると、海辺をサイクリングし、そのままあのお洒落なショッピングモールのお庭にある、お洒落なガーデニングのお店に立ち寄りました。

時間をかけて寄植えにするお花をまずは自分でチョイス。

その後お店の方と

こんな風にしてみたら?
こっちにシルバーリーフを移動させてみるのも素敵ですよ!
これとこれは多年草だから寄植えを分解したあと、別の寄植えに使い回してかわいがってあげてくださいね!

なんてことを一時間も話していたでしょうか。


最後に肥料の話になり、先日、ホームセンターで元肥入りの培養土でもマグアンプKを入れるように言われたことについて意見を伺いました。

かえってきた答えは、予想だにしないものでした。



そもそも化成肥料ではなくて、安全な有機肥料がおすすめです。
植物が元気に育ちますよ。
こちらがおすすめです

グラティア ナチュラ



え?????

このお洒落なお店で、そのような提案をしていただけるとは、夢にも思わなかったポメ。
一瞬我が耳を疑い、茫然自失。


ここのところ、にわかガーデナーポメは、なんとかはやく上手にお花を育てられるようになりたくて、主流のお花栽培の基本を集中的に学んでいました。
元肥にはマグアンプK中粒、液肥を1〜2週に一回、農薬、殺菌剤など薬剤散布は定期的に
そんな感じのことが「当たり前」でそれ以外の方法など可能性にも触れない世界にどっぷりと浸かっていました。




呆然としているポメにお店の方はお話を続けます。

化成肥料は一時ガーッと植物が茂りますが、土がどんどんやせて固くなってしまいますよ
大事なのは植物が丈夫に元気に育つこと。
そのためには土や肥料が大切なんです。


あれれれ????
それって、前にポメが前にとても大事にしていたこと。
当たり前だと思っていたこと。


ポメの頭は混乱しましたが、心は今お勧めしてもらっている肥料を買っていきたい!
と叫んでいました。
マグアンプKのお徳用大袋を買ったばかりなのに?
プロミックも買ったばかりなのに?

でも、魂の叫びには勝てず(笑)ポメは寄植えのお花はもちろんのこと、お勧めしていただいた有機肥料を大切に大切に抱えて帰り道に付きました。



*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*



そもそも、自分が食べるお米は親戚が育てている無農薬の玄米。
それなのに、ベランダのお花さんには農薬を平気でまき散らす、というのはなんだかおかしな気がします。


ポメは、クロデンドロム ブルーウィングの病気を殺菌剤を使わずに治せないか、調べてみました。

どうやら、キッチンにあるお酢を薄めて散布すると効果があるかもしれない、という情報を複数見つけることが出来ました。
ただし、合成酢ではなく、醸造酢でないとダメ。


醸造酢


ポメのキッチンのお酢は合格です。
そして、展着剤として、石けんを使うといいということもわかりました。

お酢と石けんなら、どちらも人体にも無害でしょう。

朝。5時に起きるとともに、お酢を25倍に希釈して、石けんを少し入れて、クロデンドロムブルーウィングの植わっている鉢に散布する準備を始めました。


まずはよく観察すると、病気の葉は格段に減って入るものの、隣のボックセージにも被害が拡大しています。
そこで、病気の葉をすべて取り除き、お酢を散布しました。


この間殺菌剤を撒いた時は室内に入らないように戸締まりし、マスクをし、長袖長ズボンで皮膚の露出を最小限にしての作業でしたが、今日は触れても大丈夫なお酢なので、とても気持ちが和らぎます。


ボックセージ


下葉に少し病気が見られるボックセージ。
お酢でなんとか元気になってくれるでしょか。


ロベリア プリンセスブルー

同じ鉢に植えられたロベリア プリンセスブルー
相変わらずちいさなお花を次々と咲かせてこころをおだやかにしてくれます


カラミンサ ネペタ

こちらも同じ鉢に植えられたカラミンサ ネペタ
そばに行って触るととてもいい香りがします


そして、お酢を50倍に薄めたものを、他の鉢にも予防的に散布しました。

ニチニチソウ

水滴を付けたニチニチソウ



お酢を散布しながら、この間ポンポンまいたプロミックを見つかる範囲で回収。
代わりに昨日買ってきた

インナチュラルのグラティア ナチュラをポロポロポロ。

こちらは植え付け直後でも施肥OK
多めにまいてしまっても、肥料焼けする心配はないそう。


有機無農薬は失敗も多いし、お金も手間もかかるけど・・・
やっぱりこの方が自分らしいな、と思ったポメ。

朝10時の開店を待って、もう一度あの素敵なお洒落なお店で、土や肥料、活力剤について詳しくきいてきます!



*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

余談です。


化成肥料農薬と有機無農薬って
西洋医学西洋薬と代替医療、東洋医療漢方の世界と
似ているな、と思いませんか。

とてもとてもおおざっぱな言い方ですが(医療関係の方々、お気を悪くされたらごめんなさい。これはポメの個人的な感想です。)

西洋医学では病気は叩く押さえ込む、患部は切り取る

と言った感じの対処療法。



代替医療、東洋医学、漢方は
病気そのものより、その人全体(からだもこころも)をみて、バランスが崩れているところを整えていって、病気にまでなってしまう前の未病の段階で元気にすることを得意とするようです。


ポメは西洋薬、飲んでいます。
これは、病気の症状をかなり効果的に隠してくれます。楽になります。
飲んでいなかったら、毎日の生活がおそらく成り立っていません。有り難いです。


同時に漢方薬も飲んでいます。
病気そのものより、体質を見極めて、冷えを取り、血流をよくするような体全体を整える穏やかな効き目のお薬です。
こちらもきちんと飲み続けると、かなり効きます。
月の半分は不調だったポメも漢方のおかげで不調の度合いが軽くなりました。


そして、鍼灸治療院に通い、針、お灸、マッサージを定期的に受けています。
実はこれが一番劇的に体調を根本からよくしてくれています。
胃腸が丈夫になり、寝込まなくなり、活動的になり、結果視野が広がり、こころが穏やかになりました。
活動するから体力が付き、さらに活発になりました。
よい循環が出来てきています。

ポメの抱える子宮筋腫については、ピルを飲んで人工的な生理にかえなければ、いずれ手術しなくてはならない、と言い切ったお医者様もいましたが、何件か病院を回った結果、今の病院では漢方だけで十分と言われ、確かに日常生活で子宮筋腫による支障はまったくなく暮らしています。


西洋薬、漢方、鍼灸どれも、それなりに効果がありました。
それぞれ得意分野があると思います。
そして、それら全部が効いて今の結構元気な自分がいるのだと思います。

だから、必要なときには西洋医学も取り入れます。

でも、基本的には病気になる前にその人そのものがもつ元気を整えるような考え方がポメは好き。


同じような感じで、活力のある土や肥料で元気にお花を育て、少しの病気や害虫には負けない体力をつけさせ、天然素材の忌避材などで予防していくそんなおだやかなガーデニングがポメにはむいているなあ、ポメはポメらしくお花さんたちと付き合っていきたいなあ、と思うのでした。



ご覧頂きありがとうございました*^ ^*
ランキングに参加しています。
ポメの大好きな薔薇咲きインパチェンスを是非ポチッとお願いします
あなたの応援が毎日の元気になります!
☆⌒(*^-゜)v Thanks!
にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

category: ベランダ

thread: ベランダガーデン - janre: 趣味・実用

tb: 0   cm: 6

コメント

ポメさん、こんにちわ!
クロデンドロム ブルーウィング、お花復活してよかったですね。
またかわいい蝶々が戻って来てくれて嬉しい^^
ぴいひょろ苗を植える時は必ずマグアンプを入れてます。
土を固くしてしまうんですね^^; 化成肥料は土にいつまでも残って
腐って病気をおこす…。みたいな事を聞いた事があります。
グラティア ナチュラなんだかかっこいい肥料だなぁ!!
お酢は、合成酢ではなく醸造酢なんですね。ぴいひょろうどんこ病には
焼酎を薄めて使ってますよ!効き目の実感有りです。
 漢方は続けていると効果(変化)があらわれるのですね。
体と心に優しい自然に近いお薬なのに途中で諦めてしまいます。
続けなきゃと思いました。
寝込まなくなる→活動的になる→結果視野が広る→こころが穏やかになる
どんどん良い方向に転換されてる!ポメさん、今日も肥料を買いに行ってるのかな^^

ぴいひょろ #- | URL
2013/08/09 12:03 | edit

こんにちは~
蝶々さんが復活してよかったです♪

”お酢”を薄めて使う。
これ、昔からこの辺ではやってました!
野菜に最高なんですよね~
アブラムシなんかにも効くし~(笑)

ローズマリー
私も好きです!!
数年、大切に育てたのですが、
突然の大雪にしまうことができなくなり、枯れてしまいました・・
そしたら今年、ブログで知り合った方から数種の苗を頂きました。
でも、数株は「父失態」(肥料のあたえ過ぎ)で枯れてしまい
現在、なんとか2株だけ生き延びてます。
枯らさないように、頑張らねば!!

chiru #- | URL
2013/08/09 14:09 | edit

ぴいひょろさん、こんにちは!!

はい、クロデンドロム ブルーウィングさん、ひとまずチョウチョをひらひらさせてくれてひと安心です。
今日、苗を購入したお店の店長さんとお話をしたところ、この暑さだと、花をお休みしてしまう子もいるんだそうです。
なんにせよ、再び新しい葉が出ているなら、大丈夫でしょう、とのことでした。

マグアンプ、普通入れますよね。
普通の教科書、本、DVDとかには当然のこととして、書かれていますし、そんな映像を毎日お勉強しながら見ていました。
洗脳状態です。
土を堅くする、というのは以前から知っていましたが、まさかいつまでものこって腐るとは。いずれ、水やりとともに流れていってなくなるものだと思っていました。
グラティアナチュラ、かっこいいんですが、少々においがキツイです。
わたしは日大の農獣医学部の敷地に囲まれたところで生まれ育ったので、この手のにおいは「田舎の香水」とよんで、懐かしい気すらしますが、都会育ちの人には気になるかもしれません。
おお!!焼酎もあり、ですか!
お花屋さんの店長さんに、「お酢なんかやったら枯れちゃうわよ〜!」と脅されたばかりなので、心強いです。しかも実感あり、とは!
もうひとつのお店では「民間療法みたいなものですね〜」といわれ、民間療法を否定しない私は、それはそれでいいかも、と思いました。
もしうどん粉病になったら焼酎もいいな、と思うんですが、うちに焼酎はなかった!
おしゃれな缶に入ったフルーツ割り、とかじゃダメなんですよね?

漢方も多分いろいろあって、葛根湯とかは比較的すぐに風邪の症状を抑えてくれたりしますよね。
私が飲んでいる漢方は月のリズムに合わせて、月の半分は毎日三回食前に飲みます。効果実感ありです。周囲の人にも調子がいいことがわかるそうです。

はい、肥料は昨日買ったので、それにあわせて、土と活性剤を買ってきました。
元気でしょ?この暑い中。
やっぱり無農薬の方がわたしは安心します。

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/08/09 15:59 | edit

chiruさん、こんにちは!!

わあ!そうなんですか!!
よかった!!!そちらでは普通にお酢をうすめてつかっているんですね〜^ ^
あんしんしました〜(*´▽`*)
だって、お花屋さんの店長さん、「お酢なんかまいたら枯れちゃうわよ」って脅かすんですもの。
ひぇ〜て叫びそうになりました(^^;
民間療法と言われても、なんと言われても、効果があるなら、それに越したことはありませんね。
お野菜にもつかうんですね。
ピクルスがなったりしないんでしょうか(そんなに濃いお酢をかけるわけない)。
アブラムシにもいいとは、優れものではないじゃないですか!
貴重なお話、ありがとうございます。

ローズマリー、いいですよね。
そばにいくとふわっと香ってくれますし。
大雪は悲しかったですね。
でも大雪ではしかたがないですね。
ブログで知り合った方に苗を頂けたなんて素敵なお話ですね。
お父様はきっと、元気に育つようにって、愛情をいっぱいいっぱいめいっぱい注ぎすぎちゃったんですね。
元気に大きくなっていくといいですね。
大きくなると丈夫になるみたいですし。

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/08/09 16:07 | edit

ポメさん、こんばんは。
ポメさんのブログはいつも読み応えがあり勉強になります。
うちのお花達は有機肥料で放任で育てていましたが、
バラは病気になるし、宿根草は花数が少ないのです。
熱心に液肥を与え消毒しているご近所のお花はやっぱり綺麗。
やはり一通りマグアンプなど揃えなきゃいきないのかなと、
庭作りに目覚めた初心者の私はそう思っていました。
化成肥料は土を固くするのですね。
お酢やしょうちゅうも試してみる事にします。
ロベリア、心が洗われるような素晴らしいブルーですね♪

アリアンナ #- | URL
2013/08/09 21:19 | edit

アリアンナさん、こんばんは☆

こんばんは。
丁寧に読んでいただき、ありがとうございます。
アリアンナさんもお花さんたちを有機肥料で育てていらっしゃるのですね。
今までの経験では、有機肥料を与えるだけではやっぱり農薬や化成肥料を使って栽培しているのには勝てない、でも、それに補助的に活力剤や天然忌避材をつかうことで、かなり優秀な成果をあげられる、という風に思っていました。

今日、インナチュラルという例のお洒落な憧れのお店にもう一度行って、そこのお店の有機無農薬の方法を教えてもらってきました。
次の記事に書きましたので、よろしかったら参考までにご覧ください。
そして、さらなるおせっかいですが、インナチュラルのお店は楽天市場にもあります。
もしも興味がありましたら、インナチュラル 楽天市場 で検索すると出てきますよ。

わたしもこちらの商品を今日使い始めたばかりなので、私自身の経験を話せる段階にはまだきていないのですが、いつも綺麗にお花を保ち続けているこのお店のお勧めする有機無農薬なら、きっと綺麗なお花が咲くのではないかと思っています。

ただ、コンテスト等に出品するほどの成果をあげられるかどうかはまだわかりません。
これからハンギングバスケットマスターの資格を取る予定ですが、そこはおそらく無農薬ではないでしょう。
そこで学んだことと有機無農薬栽培を組み合わせてどこまでやれるか・・・
数年単位の挑戦になります。

ポメ #g.kLcBgI | URL
2013/08/09 22:38 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pome24.blog.fc2.com/tb.php/66-ba6d7e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

白オカメインコ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りアイテム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。