po*me's small white garden

海の見える小さなベランダと白オカメのお話

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

一年草についてふっと思ったこと  

7月22日

7月22日作成




8月20日

8月20日




7月22日に寄植えを作った「風にふんわり シックな大人ピンクの寄植え」(その時の様子はこちらから


セロシア、アゲラタムのお花はりっぱになり、リシマキア シューティングスター、パープルクランベリーは葉を茂らせています。

実はこのセロシアはホームセンターで状態が悪いために値下げされていた子。
こんなに元気になって可愛いお花を咲かせてくれました。

シルバーリーフに白い小花を咲かせるゴンフォスディグマ ヴィルガツムは花が終わり、切り戻したため、弧を描くような美しい枝振りは見られませんが、シルバーの明るい色が鉢全体を明るくしてくれています。

主役のニチニチソウはふたたび花を咲かせ始め、つぼみをたくさん付けています。
しかし、なぜか、色がとても濃くなってしまいました。
全体的に落ち着いた色合いになってきた鉢の中では、ニチニチソウのこの濃い色はそれはそれでいいのかもしれませんね。
後数時間でもうひとつ咲きそうですし、これから日々お花を増やしてくれることでしょう。


パープルクランベリーの花が咲き、結実し、色づいて行っているはずなのに、全体で見るとあんまり増えた感じがしないので、熟したパープルクランベリーはどこへ行ってしまったのだろう、とよ〜くよ〜くよ〜くひっくりかえしたりして捜したのですが、見つかりません。

過去に一度、水やりのときに、へたったパープルクランベリーの実を取り除いたことがありますが、それ以外は、一体どこへ行ってしまったのでしょう。
腐って鉢の中に転がっていては大変!とたまに見ているのですが、その一回以外、見つけることが出来ません。





水やりをしながら、ふっと、今こんなに咲いてくれているインパチェンスやペチュニアやニチニチソウたちも後数ヶ月もするといなくなってしまうんだなあ、と思ったら、ちょっと寂しくなりました

そして、ふと、この一年草(扱い)の子たちは、今、人間にしてみると何歳くらいなんだろう、と変なことを思いました。

4月あたまにに種を蒔いたとして、11月いっぱい生きていたとしたら・・・
人生(花生)80歳として、今、60歳くらい?



だけど、ペチュニアはともかく、インパチェンスやニチニチソウは気温があれば、冬も越せるはず。
ニチニチソウの原産国はマダガスカル〜インド。
インパチェンスの原産国はアフリカ東部。
かの地ではこの子たちは一年ではなく、何年か生きるのかしら・・・


もしも。
原産国では何年も生きられるのだとしたら。
寒い日本の冬に耐えられずに死んでしまうのって、天寿を全う出来たことにならないのかしら、と悲しくなってしまいました

考え過ぎだよ、と言われればそれまでだけれど・・・

もしも暑い国の動物を日本に連れてきて、日本の冬は寒いから死んで当然、といったらきっとそれは残酷なお話


種で子孫を残しているわけだし、挿し木でも増えるわけだし。(もし、猿の腕を切って土にさして猿が再生されたらえらいこっちゃ!!!)


お花は人間や動物と全然感覚が違うのかもしれないし、そうであってほしいなあと思ったのでした。




いや、それどころか。

ひょっとしたら、人間を利用して、あちこちに広がって、個々の寿命は縮めても、生息範囲を広げる植物の戦略だったりして!!

それならそれで、ちょっと安心したポメでした。


ご覧頂きありがとうございます♪
ランキングに参加しています。
お帰りの際に青いチョウチョをポチッとお願いします
☆⌒(*^-゜)v Thanks!
にほんブログ村 花ブログ ベランダガーデンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

category: ティータイム

thread: 季節を感じる - janre: ライフ

tb: 0   cm: 6

コメント

こんにちは。

ちょうちょうさん、復活したのですね♪
本当にカワイイお花です。

1年草、あまり考えた事はなかったけど
確かに良く考えれば、悲しいかも・・
でも、1年草でも上手くやれば長く生きられますよ。

ナスタチュームも1年草ですが、冬に家内に取り込んで
余り水はやらずにいたけど、しっかり生きてましたよ。
豪雪地でも係わらず!
我が家地方、普通で4mの積雪ありますから(笑)
今年の春には、たっくさん花を咲かせてくれ、
子孫(種)もたっくさん採取しましたー♪
そして、一度切り戻ししたら
またまた元気に復活しましたよ~
今年の冬も、また家内に取り込んで3年草にする予定です!
上手くいくかは??ですがね(笑)

体調はどうですか?
本当に無理は禁物ですよ!!

chiru #- | URL
2013/08/20 14:16 | edit

chiruさん、こんばんは!!

チョウチョさん、夕方見たら、別の枝にもとまっていました。
どんどん増えています。
げんきになったみたいです\(^o^)/
お酢、効きますね!
やっぱり、むかしからやっていることには意味があるんですね。

chiruさんちのナスタチウムさんはおうちの中で冬を越したんですね!!
すごい!すごい!!愛情の賜物ですね。

私も今年は家の中で冬をこせるよう、植物ようの棚を用意しました。
うまく冬を越して、来年またお花を咲かせてくれるといいですよね。

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/08/20 19:17 | edit

こんばんは☆彡

パープルクランベリーの実、何処に行っちゃうんでしょうね^_^;
もしかして鳥とか虫に食べられちゃってる?行方気になりますね。
今日ホムセンでコケモモちゃん見つけましたo(^▽^)o
ポメさんのブログ見て気になってたんですよ。
もちろん連れて帰って来ました(*^o^*)
一年草、何だか勿体無い感じですね。でも寒い時期お部屋に置いておく訳もいかないですよね。

momo #- | URL
2013/08/20 21:22 | edit

ポメさん、こんばんわ!
ニチニチソウがポツリとかわいく咲いていますね。
一年草は日本では一年であって、原産国では宿根かもしれませんよね。
ぴいひょろ旦那はまだ植物に興味があまりなかった頃、
ナスビは宿根じゃないの?と聞きました。
ぴいひょろはちゃんちゃら可笑しくて「そんな訳がない…。」と
こたえましたが今思うともしかすると環境がよければ宿根するのかなぁ?
と考えてしまいました!
(もし、猿の腕を切って土にさして猿が再生されたらえらいこっちゃ!!!)

えらいこっちゃっ(爆)挿し猿。
人間を利用して生息地を広めてるに違いないわ^^ 植物にも考えがあって
一枚上手なんですよきっと^^ 種だって沢山できるし沢山発芽するし、
彼らは強いのかもしれませんね。

ぴいひょろ #- | URL
2013/08/20 23:14 | edit

momoさん、こんにちは!!

パープルクランベリーの実、気になりますよね〜。
枝を折らない程度に今日もう一度、覗き込んでみたら、しょぼしょぼの実がまたひとつ見つかりました。
ある程度熟すと、しょぼしょぼになるらしいです。
ということまではわかったのですが、その後は一体どこへ消えているのでしょうね????

コケモモちゃん、見つかって良かったですね〜\(*^o^*)/
おめでとうございます。
秋がますます恋しくなりますね。

ポメ #g.kLcBgI | URL
2013/08/21 17:57 | edit

ぴいひょろさん、こんにちは!!

今日はふたつ、ニチニチソウが咲いています。
一度バッサリ切り戻したので、それから咲かなくなっていたのですが、ちらほら咲き始めました。
ベランダをいじりながら、早くもっと咲かないかな〜と、濃度障害が起こらないことをいいことに、またコウモリのフンを追加してしまいました。
といっても、g数を量ってみたら、この間撒いた量では全然足りないと気がつき、改めて足したんですけど。


なるほど。
ナスビも条件が良ければ毎年わんさか実を付けるかもしれない・・・
それはきっと、ナスビ天国ですね。

挿し猿はさすがにないですよね(^^;
ってことはやっぱり、植物はすごいってことですね♪

ちょっと聞きかじった話だと、今日本で咲き誇っているソメイヨシノはほとんどみんな同じ桜の樹のクローンなんだとか。(本当かどうか知りませんが・・・)
植物は集合意識みたいなもので、人間様よりずっと優れた知性を働かせているのかもしれませんね。
おとなしくて可愛い顔をしながら、やってることはすごかったりしてe-350

ポメ #6wiNy582 | URL
2013/08/21 18:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pome24.blog.fc2.com/tb.php/80-16ad2e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

白オカメインコ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

お気に入りアイテム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。